日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2015年10月16日

電車内でのマナー

秋になり朝も夜もすっかり涼しくなって参りました。
早いもので、もう10月に入り2015年も残すところ3カ月を切りました。

先日、満員電車内に乗った際の事ですが、中学生くらいの女の子が「すみません、降ります。」と必死に声を上げながら下車する光景を目にしました。
また一方で周囲に何も言わず他の乗客にぶつかりながら下車するサラリーマンも見受けられました。ぶつかられた乗客の中には視覚障害を患った方もおり、そのような方にとってはぶつかられるという行為はさぞかし恐怖であっただろうと思います。

あろうことか、満員電車から下車する際に周囲に何も言わず他の乗客にぶつかりながら下車する大人は意外と少なくはなく、その女の子の行動は私自身も含めて大人は見習わなければならないと思いました。

朝の通勤ラッシュ時の満員電車は人が人をどんどんと押して乗車する行為が都心部ではあたり前のよう散見されますが、電車に限らず公共交通機関を利用する際には他の乗客への配慮、思いやりの気持ちをいかなる時でも持ちながら生活していきたいものです。

最新の記事