日本保釈支援協会|公式ブログ

検索

 先日「保釈」された堀江被告は、3億円というかなり高額なものでしたが、
事件内容は別として、最近の保釈金の金額は、最低150万円程度、平均200~250万円の
間というのが一番多いようです。(参考までに、40年前の保釈金は30万円程度でした。)

 保釈金の金額というのは、犯罪の性質および情状、証拠の証明力並びに被告人の
性格及び資産を考慮して、被告人の出頭を保証するに足りる相当な金額でなければならないので、
全く同じ罪でも被告人によって保釈金はそれぞれ異なります。

最新の記事