日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2006年11月20日

不安な気持ち

 先日ある女性の方から協会のシステム内容のお問合せのお電話を頂いたのですが、その電話を受けた時に私が感じた印象は、なにかオドオドしている話し方で、遠慮がちな不安な気持ちを抱かれているような気がいたしました。
「保釈金の用意をしたいのですが、貸してくれるのでしょうか?」
「金利はどのくらい必要なのでしょうか?」
「借りるための条件はどんな条件でしょうか?」
「保証人は必要なのでしょうか?」
等々その方からはまるで消費者金融で借入れの問合せをするような質問に思えました。
 しかし、こちらから協会の立替システムを詳しくご説明したところ、少し気持ちが落ち着かれたのか声のトーンも高まり少し安心された様子が電話口からも伝わってきました。

 後日その方からお申込みを頂き、協会事務局へ契約をするために足を運んで頂いたのですが、その時もご本人とお連れの方がいらっしゃったのですが、どことなく不安な気持ちが立ちこめた対応で、席に着いても落ち着きがない雰囲気で対話が始まりました。対話が進むに連れてお申込者の方も、協会の存在内容が本当の意味で理解していただけたようで、段々とリラックスした様子になり、お申込者の方の心の中で実は「協会は怖いところではないだろうか?」と今まで不安に思い怖い気持ちでしたというお話を聞かせて頂きました。

 創立以来、協会の仕事に携わる者としては、そのように感じられていたのかと思うと、正直心外な気分も無くはなかったのですが、それよりも少しでもそのような誤解を解くことが先決ですので、対話をしながらこのように相手の方に通じていただけたならと思いました。この後お申込者の方はすっかり不安な気持ちも消え去り、協会との立替委託契約、関係者の保釈の準備、そして保釈の許可待ちまでと手続きが進み、それと共にはじめの不安な気持ちとは逆に、協会に対して感謝の気持ちに変わっていったようでした。

 数日後、保釈の許可がされ立替支援実行となり無事に保釈もされ関係者は我が家へ帰ることが出来たと、お申込者の方から改めて協会へお礼のお電話まで頂きました。

 今、協会の支援を受ける方々との対応するデスクの上に、この方から頂いたお花を綺麗に飾らせて頂いております。花はいいですね、とても心を癒されます。本当にありがとうございました。

最新の記事