日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2008年11月11日

「法テラスとは?」

 「法務省は、来年度裁判員制度の対象となる事件の基礎報酬を倍増する方針を決めた。」という記事が2008年11月4日日本経済新聞に掲載されておりました。このような記事を最近各紙で見るようになりました。前回のブログでも少し触れましたが、協会が日々の業務を行なう上で感じることは、最近、国選弁護人が決定するまでの時間がとてもスピードアップしてきたことです。
 上記のような記事の内容の通りに実施された場合、事件を担当する弁護人の先生方も活動しやすくなり、刑事裁判もよりスムーズに処理されていく事でしょう。

 先日、日本テレビの「行列ができる法律相談所」という番組内で、「法テラス」の事が紹介されました。
 「法テラス」とは正式名称を「日本司法支援センター」(http://www.houterasu.or.jp/)といい、全国どこでも法律に関するトラブルを解決するための情報やサービスを受けられる社会をめざし、設立されたものです。

業務内容
・ 法的なトラブルの解決に役立つ情報の提供
・ 法的なトラブルに応じたもっとも適切な機関・団体に関する情報を提供しています。
・ 民事法律扶助
・犯罪被害者支援
・ 国選弁護関連業務
などのサービスを提供しているところなのです。

 この「法テラス」の設立によっても、国選弁護人が決定するまでに時間のスピードアップに役立っています。というよりも、この事が最大の要因と言っても過言はないでしょう。
 この「法テラス」は現在全国に90ヶ所設けられています。ちなみに、日本保釈支援協会の事を「法テラス」から教えて頂いたという利用者も少なくありません。
 そして90ヶ所ある「法テラス」のうち、今日現在19ヶ所の国選弁護人様に当協会の保釈保証金立替においてご協力を賜りました。
 当協会も今後刑事裁判が円滑に行なわれる一助になれれば非常に嬉しく思います。

最新の記事