日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2010年09月14日

新体制にて一路邁進!!

9月に入り、早く秋らしくなることを心待ちにしております今日この頃ではありますが、
皆様は、この酷暑!猛暑の中、暑さ対策は万全に為されてますでしょうか?
私は専らエアコンと冷たい飲み物に頼っております。

入社3年目を迎える私は主に、お申込人、担当弁護人との対応をさせて頂いている業務に就いています。対応内容を記録してその後に、当協会にて独自ではありますが審査を行い、総合的見地(・事件内容・前科・前歴etc)により審査結果(全額or差額支援)を、お伝えしています。その中には、月に数件ではありますが協会からの支援決定後に裁判所より保釈許可が認められたにも係わらず、立替手数料、一部自己資金の準備が出来ない為に手続きを、断念される方々も居られるのが実情であり大変残念に思います。この様な実情の要因として失業、景気の低迷等による事が予想されます。審査する私たち職員もこれらの事を踏まえ、より一層、気を引き締めて判断しなければいけないと思います。当協会は今日までに3度、立替手数料引き下げを行って参りましたが、平成22年10月1日より一律3000円の費用の引き下げを決定いたしました。(平成22年10月1日より実施)当協会利用に際して少しでも申込人、被告人関係者の方々への負担軽減に繋がれば幸いと思います。

さて、私共 一般社団法人 日本保釈支援協会に、本年9月1日から新たに3名の若き?男性職員が仲間に加わりました。新風が吹き込み、私も入社当初の事を思い出しました。当協会の取扱業務内容は特殊であり不安も有りましたが日々先輩、上司の方より指導を受け今が在るのだなと再認識をしました。私も微力ながら先輩として小さな事でも必ず、報告、連絡、相談(ほう・れん・そう)を徹底出来る様な環境を築きたく思います。新人の3名は同期となるので力を合わせて、お互いに切磋琢磨して頂きたいと思います。

そして、新体制になった今!

協会理念・意義を共通の認識とした上で、職員一同が一丸となり
業務遂行できる様、努力して行く所存です。

最新の記事