日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2012年11月15日

マスコミの力

協会の設立より勤務して早いもので八年になります。

設立当初は、一般の方々はもちろん弁護士の方々へも認知はなく、一日八時間の勤務時間の間にお問い合わせの電話も鳴らない日や鳴っても1~2本しか鳴らない日がほとんどでした。

その当時のお問い合わせでは、『聞いたこともないし怪しくないの?』という問い合わせや『これは詐欺じゃないの?』という内容のお問い合わせが何本もありました。

この状態を劇的に変えたことがありました。テレビでの取材でした。
テレビ取材があってからは申込人の方から『テレビを見て大丈夫そうだから申込しました。』と言う方が多くでてきました。
その後も数回のテレビ取材もありまして、ますます認知度が上がったと思います。
取材があってから約5年経ちました。
その為、今では1日に100本以上の電話が鳴るようになりました。

あのテレビ取材を受けることが無かったら協会は現在程の認知度では無かったと思います。
そうすると協会のことを知らずにいて保釈保証金が用意できずに元の勤務先への復帰も間合わず社会復帰できずにいた方も多くいらしたことだと思います。

協会をご利用していただいた被告人の家族の方々及び関係者の方々より『協会があって本当に助かりました。』や『これからもがんばってください』と声をかけていただく度、これからも今の仕事に自信をもってがんばって行こうと思います。

最近では、テレビ以上にインターネットの情報伝達の力はすごくなっています。
悪い情報は一瞬にして拡散し、良い情報はジワジワと広がります。
これからも当協会の業務がジワリジワリと広がって行くことを期待しつつ業務という精進を重ねてまいりたいと思います。

最新の記事