日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2013年08月07日

恐怖な体験

私には、小学生の息子が二人います。
今回は二男の体験した事をブログにしました。

昨年の秋頃だったと思います。仕事を終えて帰宅を急いでいた電車の中で一通のメールが届きました。「○○○(二男)が、まだ帰って来ないよ」と兄からのメールでした。
時刻は5時半を過ぎて、辺りはすっかり日が暮れていているのにどうしたのかな?
いつも遅くても5時に帰るように言っているのに、何か嫌な胸騒ぎが・・・
兄へ、帰ったらメールをするように返信をして携帯電話を片手に握りしめ無事である事を祈りました。
その後、数分が経ってメールが入り「帰ってきたけど、泣いてるよ」
何が起きたのか全く理解が出来ないまま、帰宅をして事情を聴いたところ、
お友達のお家で遊んでその帰り道、自宅まで遠かったので少し公園のベンチで休憩をしていたところ、成人男性がいきなり背後から頭や背中など数十回殴られ、息子は助けを求めたが周りには誰も居らず男は去って行ったとの内容でした。

直ぐに近所の交番へ駆け込み、事情を説明したところ最近も同じような被害があったので公園の辺りを巡回していたとのことでした。

帰宅後、息子と二度とこんなことにならないよう帰宅時間について再度話し合いました。
息子は今回の事を教訓に、今では自分の身は自分で守るためボクシングを始め週に3~4回はトレーニングに励んでいます。

毎日、新聞やテレビなど悲惨な事件があり特に児童が被害にあうニュースは子供をもつ親としては胸が苦しくなります。今回我が家で起こった出来事は大した怪我もなかったですが当事者は勿論、家族も一生忘れる事が出来ません。

学校、地域の方々と連携を強化し一人でも事件・事故にあわないよう見守って行きたいものです。

最新の記事