日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2015年08月25日

犬から学ぶこと

東京で一人暮らしを始めて10年目に飼い始めた犬ももうすぐ4歳になります。

よく、犬を飼い始めた理由を聞かれるのですが、特にこれといった理由はなくたまたま家の近くにペットショップができ、何度か足を運ぶうち、幼少期より犬を飼ってみたかった想いと、また家に犬が居たら癒されるだろうなぁと思い飼い始めました。

一人暮らしということで自立心が強くお留守番にも耐えられる(らしい)チワワを飼い始めたのですが、家を出る際には寂しがって後追いし鳴き続けるし、家にいる時はストーカーのようにピッタリと後をついてきます。そのせいで、外へ出掛ける機会が圧倒的に減りました。よく一人暮らしの女性が犬を飼うと婚期が遠のくと言われますがまさにそれです!!

しかし、帰宅した時は全力で尻尾を振って迎えてくれ、散歩に連れて行くと必死に外の色々な匂いを嗅いだり、走ったり今の瞬間を全力で楽しむ姿を見ていると、私自身も毎日をもっと楽しく何事にも好奇心旺盛に生活しなくてはと改めて考えさせられます。見返りを求めず、何に対しても全力で忠実な彼は、田舎から東京に出てきた時の都会で自活していこうと必死に頑張っていた時の気持ちを思い出させてくれます。

犬は、人間の何倍ものスピードで年を取るそうです。そんなことを考えると、自己満足かもしれませんが、少しでも長生きしてもらえるようできる範囲で、ちょっと高価な餌に変えたり、万が一に備えてペット保険に入ったりしています。共に過ごせる時間を大切に、そして彼が教えてくれる今の瞬間を全力で楽しむ懸命な姿勢を忘れぬよう毎日を過ごしていけたらと思います。

最新の記事