日本保釈支援協会|公式ブログ

検索

入社して数か月経ち、初めてブログを書かせていただきます。
耳慣れない様々な罪名があり、更に同じ罪名でも同じ状況の事件はありません。
少しでも理解し迅速に対応できるよう日々勉強させて頂いております。

今回は、お仕事を始めた頃、こんなにも薬物の事件があるのかと驚いたことを思い出し、その後に起こり得るであろう薬物依存症について考えてみました。
薬物の中でも特に常習性があり、依存症から立ち直るのが困難な『覚醒剤』。
「覚醒剤」というと簡単に手に入らない物と思いがちですが、これだけ事件があるのですからそういう訳ではないようです。
都心から少し離れた新興住宅地の駅前で、ダイエットに効くキャンディーと偽り、ティッシュを配るかのように無料で配布していたと聞きました。
配っているのも普通の女の子達で、危険はなさそうに見えるため、受け取った女子大生や高校生はそれが覚醒剤入りとは知らずに興味本意で口にすることも抵抗はなかったかもしれません。
この場合は事故としか言いようがありませんが、その他のきっかけとしては 好奇心・誘惑・苦境を乗り切る手段、と状況は様々ですが、やはり心が弱った時や揺らいだ時と言えるのでしょう。
薬物に手を出してしまうと、立ち直るには『環境と意思と人生観の変革』が必要とのことです。
本人の止める意志が一番ですが、意志をコントロールできないのも後遺症の一つ。
やはり家族や周りの方の協力が必要になります。
何とかしてあげたいけど、でも「どうやって?」「だれに相談したらよいのか?」わからないのは当然です。
ネットでもいろいろな情報を得る事ができますし、各都道府県でもいろいろな活動があるようです。
以下、ご参考までに少しご紹介致しますが、福祉センターではご家族向けの講座などもあるようです。
色々な情報を収集する事により何かヒントが見つかったり、心の支えが見つかったりするかもしれません。

東京都立中部総合精神保健福祉センター
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/chusou/jigyo/soudan/index.html

NPO団体 ダルク
http://www.yakkaren.com/zenkoku.html

協会にお申込みをされた方、またお申込をお考えになった方は、大切な人に薬物依存症から立ち直って欲しいという一心でのことと思います。
そのお気持ちにお応えできるよう協会も出来る限りご相談に乗り、ご支援の方向でお話できればと思っております。
そして一人でも多くの方に薬物依存症から立ち直って頂き、ご家族やお友達のためにも健康的な生活を送って頂けたらと願っております。今後も協会はその支えの一つになれますよう頑張っていきたいと思いますので宜しくお願い致します。

2012年01月10日

2012年を迎えて

協会便りをご覧の皆様、少し遅くなりましたが明けましておめでとうございます。

昨年を振り返りますと、当協会の申込み頂きました件数も一昨年よりも確実に伸びております。
ひとえに当協会の活動、理念にご理解いただきご協力頂いております弁護士の先生方のおかげでございます。被告人やその家族同様、当協会も重ねて御礼申し上げます。

本年度の12月末までの立替保証金の分析をしますと、例年に比べて目立った点は全体的に保釈保証金額が低下したことです。
これは裁判所の決定する保釈保証金の平均値が下がっているものと予想されます。
今後保釈保証金の平均値が下がる事で、保釈申請及び保釈率がいままで以上に増加することを祈ります。

当協会も微力ながらその流れを後押し出来るよう、そして国民の皆が保釈制度を理解し、利用しやすくしていくべく、活動を続けていく所存です。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

2011年07月20日

保釈金の没取事例

私が今回お話しする内容は、保釈保証金(保釈金)が裁判所に没取された事案についてお話しさせていただきます。

保釈された方々は、誰もが没取されることを前提に保釈手続をなさる方はいないと思います。
しかしながら、当協会の立替を受けていらっしゃる方々の一部の方ですが、毎年数人の方は裁判所の保釈指定条件に抵触して保釈保証金が裁判所に没取されています。

これまで没取された理由は、裁判所の出頭日に出頭しなかった、共犯者と保釈中電話で話をした、保釈中に決めていた住所以外の所に寝泊まりした等がほとんどです。
あくまで私の勝手な想像ですが、いままでに協会で立替をした方々の中で、没取を受けた方にはいくつかの共通する点があるように思います。
その共通点とは、①被告人と申込人との関係が比較的薄い場合(被告人にお願いをされて断れなかった為、知り合ってから1年もたたない関係で手続きした)、②事件内容を申込人が把握していない場合 (弁護士の先生に任せていますと言う方)、③保釈中に被告人が一人で生活している場合(被告人の家族が被告人の主張に負けて同居することをせず公判日に被告人が出頭しなかった)等です。

皆様の中で保釈を考えていらっしゃれば、上記項目に該当する時は、より慎重に手続きされることをお勧めします。

申込人の大半は今まで経験がないことばかりで難しい判断とは思いますが、被告人、担当弁護人、ご家族の皆様が協力して保釈期間中に保釈金の没取や第二の事件を起こしたり、巻き込まれたりしないように行動してもらいたいと思います。
被告人の方の保釈中の一日は非常に大切な時間になります。
是非、後悔のないように有意義にすごして下さい。

最新の記事