お知らせ

2020年09月14日
お知らせ

手数料の一部改訂につきまして

この度の新型コロナウイルス感染症により亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げます。
また、罹患された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

 

一般社団法人日本保釈支援協会(以下、「当協会」と言います。)も新型コロナウイルス感染症の影響を受け、お申込み件数および立替件数が減少しております。これにより手数料収入も落ち込み、当協会の経営を圧迫しております。

 

当協会の自助努力だけではまかなえきれるものではなく、令和2年10月1日より一部の手数料改定を行わざるを得なくなりました。

 

皆様にはご理解の程よろしくお願い申し上げます。

 

改訂前の立替手数料表

立替金額 立替手数料(税込) 立替金額 立替手数料(税込)
50万円まで 11,000円 300万円まで 66,000円
100万円まで 22,000円 350万円まで 77,000円
150万円まで 33,000円 400万円まで 88,000円
200万円まで 44,000円 450万円まで 99,000円
250万円まで 55,000円 500万円まで 110,000円

 

改訂後の立替手数料表

立替金額 立替手数料(税込) 立替金額 立替手数料(税込)
50万円まで 11,000円 300万円まで 70,000円
100万円まで 22,000円 350万円まで 81,000円
150万円まで 35,000円 400万円まで 93,000円
200万円まで 47,000円 450万円まで 106,000円
250万円まで 59,000円 500万円まで 118,000円

上記手数料には事務手数料(一律2,000円(税込))は含まれておりません

保釈金立替のお問い合わせ、申込みはこちら。

03-3663-6655 受付時間9:00~17:00(土・日・祭日を除く)

【警告】
保釈保証金立替システムは、当協会が開発したシステムです。(特許出願2004-225786)当協会は理事、監事を弁護士と公認会計士で構成している一般社団法人です。最近、営利業者が当協会類似の保釈保証金立替業務を行っている事実がありますのでご注意ください。尚、当協会名と類似の商号を使っている業者に対しては、警告または補償請求を致します。

動画でわかる保釈金
日本保釈支援協会公式ブログ 協会便り
保証書がもたらす保釈の末路
  • 保釈保証書発行事業の比較表
  • 全弁協が隠す落とし穴 vol.2
  • 全弁協が隠す落とし穴
  • 米国での保釈保証書運用の実態
  • これからの日本の保釈事情
  • 保釈保証書共同発行事業とは
  • 保釈率向上に向けて理想的な構想
  • 日弁連保釈保証事業構想について
  • 保釈保証書発行システム