お知らせ

2020年03月13日
お知らせ

手数料改定のお知らせ

一般社団法人日本保釈支援協会は、令和2年4月1日より、保釈保証金立替システムの手数料を改定致します。
 
近年、保釈保証金立替システムの提供にかかるコストは、お問い合わせ件数、人件費及び没取件数の増加などの影響により、顕著に高騰を続けています。
 
この状況に対し、当協会は、経費削減などの企業努力を続けておりますが、手続きに係わる実費(印紙・郵券・通信費等)は申込人負担と変更させていただきます。

 
 

改定前 改定後
立替に関する手数料
①立替実行時:
立替金50万円まで:10,000円(税抜)
立替金50万円超:50万円毎に10,000円(税抜)を加算
 

②立替期間延長時:①と同額

 
事務手続に関する手数料

なし

立替に関する手数料
①立替実行時:
立替金50万円まで:10,000円(税抜)
立替金50万円超:50万円毎に10,000円(税抜)を加算
 

②立替期間延長時:①と同額

 

事務手続に関する手数料
(印紙・郵券・通信費等)
 
①立替実行時:2,000円(税込)
 

②立替期間延長時:2,000円(税込)

保釈金立替のお問い合わせ、申込みはこちら。

03-3663-6655 受付時間9:00~17:00(土・日・祭日を除く)

【警告】
保釈保証金立替システムは、当協会が開発したシステムです。(特許出願2004-225786)当協会は理事、監事を弁護士と公認会計士で構成している一般社団法人です。最近、営利業者が当協会類似の保釈保証金立替業務を行っている事実がありますのでご注意ください。尚、当協会名と類似の商号を使っている業者に対しては、警告または補償請求を致します。

動画でわかる保釈金
日本保釈支援協会公式ブログ 協会便り
保証書がもたらす保釈の末路
  • 保釈保証書発行事業の比較表
  • 全弁協が隠す落とし穴 vol.2
  • 全弁協が隠す落とし穴
  • 米国での保釈保証書運用の実態
  • これからの日本の保釈事情
  • 保釈保証書共同発行事業とは
  • 保釈率向上に向けて理想的な構想
  • 日弁連保釈保証事業構想について
  • 保釈保証書発行システム