お知らせ

2022年04月の記事一覧

2022年04月11日

協会便り「桜の季節」を掲載いたしました

2022年04月01日

一般社団法人日本保釈支援協会では、これでまでの保釈支援に加え、前科前歴がある方に特化した職業紹介サービスを始めることとなりました。

 

ご紹介対象者は、当協会が保釈支援をさせていただいた被告人及び申込人もしくは保釈支援を現在お申込みいただいている被告人及び申込人となります。

 

  • □保釈後や判決後、家族のため、自分のために再起をはかりたい
  • □やる気はあるのに、仕事が見つからない
  • □インターネットで事件が公になってしまい、なかなか社会復帰ができない
  • □仕事は見つかったが、職場でうわさになり、辞めざるを得なくなった
  • □希望する職には就けないだろう、とあきらめている

 

当協会では約20年間、保釈後や判決後、このような新たな悩みが生ずるとの声を受け続けて参りました。このような声をお聞きするにつれ、保釈支援に加えさらなるご支援ができないか検討を重ねて参りましたが、この度、大手派遣会社の協力を得て、職業紹介が可能となりました。派遣会社には、前科・前歴がある方でも受け入れていただけることを承諾いただいております。

 

ただし、就業先に、前科前歴が伝わることは一切ございません。
また、就業先では、本名ではなく、通称名(希望名)で勤務することも可能です。

 

詳細につきましては、専用ページをオープンいたしましたので、ご覧ください。

 

日本保釈支援協会 職業紹介サービス

保釈金立替のお問い合わせ、申込みはこちら。

03-3663-6655 受付時間9:00~17:00(土・日・祭日を除く)

【警告】
保釈保証金立替システムは、当協会が開発したシステムです。(特許出願2004-225786)当協会は理事、監事を弁護士と公認会計士で構成している一般社団法人です。最近、営利業者が当協会類似の保釈保証金立替業務を行っている事実がありますのでご注意ください。尚、当協会名と類似の商号を使っている業者に対しては、警告または補償請求を致します。

動画でわかる保釈金
日本保釈支援協会公式ブログ 協会便り
保証書がもたらす保釈の末路
  • 保釈保証書発行事業の比較表
  • 全弁協が隠す落とし穴 vol.2
  • 全弁協が隠す落とし穴
  • 米国での保釈保証書運用の実態
  • これからの日本の保釈事情
  • 保釈保証書共同発行事業とは
  • 保釈率向上に向けて理想的な構想
  • 日弁連保釈保証事業構想について
  • 保釈保証書発行システム