日本保釈支援協会|公式ブログ

検索

本日4月11日で、多くの被害を出した東日本大震災より1ヶ月が経ちます。
震度6強の余震なども発生し、未だに被害の全貌が見えません。

全国の裁判所でも、地震の影響で裁判に関しても延期などが発生しているようです。
裁判が長引けば、保釈されない限り勾留期間が長くなります。
そんな中、先日担当弁護人の先生からこのようなお話を伺いました。

裁判員裁判になるため、第1回公判が通常より先の日程に設定された裁判でした。
しかし、地震の影響でこの第1回公判が更に延期されてしまいました。
これを受けて、静岡地裁の裁判長より「(勾留が長くなるので)保釈をしませんか?保釈金が無いのであれば、日本保釈支援協会を利用してはいかがでしょう。」と言われたそうなのです。

最近では協会の利用について「弁護人の先生から紹介いただいた」「警察の人から教えていただいた」という方は珍しくなくなりましたが、裁判官からの紹介というのは初めてでした。

多くの方によって支えられている当協会の活動ですが、幅広く理解が進んでいることに改めて有り難く思います。
そして、この裁判官の言葉は、罪を認め、深く反省している被告人の更正に大きな影響を与えるものと想像します。
このような裁判所の枠組みにとらわれない裁判官がいらっしゃることも嬉しく感じました。

今後も日本保釈支援協会は良き理解者に支えられながら、活動を進めて行きたく思います。

この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、心よりお見舞い申し上げます。
被災地と日本の一日も早い復興を心より祈念いたします。

ある心教書の中に「一燈照隅行」という文章があります。
その内容は、今の日本にぴったり当てはまるのではと思いましたので紹介いたします。

内外の状況を深思しよう。このまま往けば日本は自滅する外は無い。
我々はこれをどうすることも出来ないか。我々が何とかする外無いのである。
暗黒を嘆くよりも一燈を点けよう。我々には先ず我々の周囲の暗を照らす一燈になろう。
僅かなりとも一隅を照らそう。手のとどく限り、到る処に燈明を供えよう。
一人一燈なれば、萬人萬燈です。日本はたちまち明るくなる。これが我々の一燈照隅行です。
皆、お互い真剣にこの復興行を励もうではないか。

何十年も前に日本の現状を打破しようとした、日本人の先輩が書かれた文章です。
微力ながら協会も、「一燈照隅行」を範として被災地の方々と共に復興に向けて行動してまいります。

2011年04月01日

被災地の現状

3月28日午前2時、協会を代表して救援物資を被災地へ届けようと東京を出発しました。目的地は気仙沼市。道中、日頃協会がお世話になっております、栗原ひまわり基金法律事務所と気仙沼ひまわり基金法律事務所にも僅かですが物資を届けることにしていました。

東北自動車道は地震の影響で道路の段差が数十箇所ありましたが、運転には支障はありませんでした。
心配していたガソリンも、被災地の方々の迷惑にならないように20リットル缶を車に搭載して行きましたが、栃木県の上河内サービスエリアまでの給油所はどこでも問題なく給油出来ました。北へ向かってのそれ以降のサービスエリアでは、3月28日の午前中はガソリンスタンドに列を作って待っている車が目立ちました。

3月28日午前7時40分、栗原ひまわり基金法律事務所に到着。早速事務所に伺いましたら、既に久保田弁護士がおられましたので救援物資をお渡しし、気仙沼市へ向かいました。
気仙沼市へは、一関ICから国道284号線のルートしか今は行けないと、久保田弁護士から教えて頂きました。

出発日前日の3月27日からの被災地への人の動きというか、車の流れは救援物資を運ぶトラックが大半でした。ネットで噂されるボランティアは、気仙沼市においては非常に少なかったように感じました。

物資は隅々まで行き渡っている様子は感じられませんでした。救援物資は長期間の復興になりますから、必ずすべての物資は消費に回ることでしょうが、現時点においては偏りがあるように感じました。多くの避難所では現在、食料や飲料水が不足しています。

この先、だんだん気温も上昇してくるでしょうが、食料の保存に対してこの事は大変な壁になります。
これに対応出来る食料と飲料水が今後、一番必要なもののように感じました。

被災地へ行かれる方々のご参考になれば幸いです。

最新の記事