日本保釈支援協会|公式ブログ

検索
2019年06月03日

初夏

5月も終わり、まもなく梅雨の時期に入り、雨や湿気が気になってくる季節がきました。
この季節は「蒸し暑い」「ジメジメしている」という話が増えてきますが、それ以上に注意しなければならないことがあり、それは熱中症だそうです。

一見イメージでは熱中症は7月~8月などの夏本番と思い込みがちですが、梅雨の時期や梅雨明けにも発症しやすいそうです。
特に、梅雨があける時期は、湿気・気温ともに高くなるので、最も注意が必要な時期になります。この熱中症の対策として水分補給が大事と言いますが、水分だけでなく塩分もお取りください。市販のスポーツドリンクや塩をなめるだけでも構わないです。

特に乳児や高齢者の方が熱中症になりやすい傾向にあるようなのでしっかり対策をして、楽しい夏をお過ごしください。

最新の記事