ご利用者の声

2020年11月17日

保釈金の立替~ご利用者の声~ No.2753

息子の軽々しい気持ちから犯罪に関わり逮捕され、接見禁止が約100日以上続き、又逮捕されてからの毎日心の安まる時がありませんでした。

弁護士の先生(国選)でのお話しの中で保釈の話が出て200万円くらい必要と云われ、今そんなお金は準備出来ない旨を伝えたところ、弁護士の先生から保釈支援協会の事を教えて頂き、当方の場合ですがあまり負担にならない自己資金をお預かり頂き無事に保釈が認められ本当に感謝致して居ります。

(千葉県・父親)

アーカイブス
保釈金立替のお問い合わせ、申込みはこちら。

03-3663-6655 受付時間9:00~17:00(土・日・祭日を除く)

【警告】
保釈保証金立替システムは、当協会が開発したシステムです。(特許出願2004-225786)当協会は理事、監事を弁護士と公認会計士で構成している一般社団法人です。最近、営利業者が当協会類似の保釈保証金立替業務を行っている事実がありますのでご注意ください。尚、当協会名と類似の商号を使っている業者に対しては、警告または補償請求を致します。

動画でわかる保釈金
日本保釈支援協会公式ブログ 協会便り
保証書がもたらす保釈の末路
  • 保釈保証書発行事業の比較表
  • 全弁協が隠す落とし穴 vol.2
  • 全弁協が隠す落とし穴
  • 米国での保釈保証書運用の実態
  • これからの日本の保釈事情
  • 保釈保証書共同発行事業とは
  • 保釈率向上に向けて理想的な構想
  • 日弁連保釈保証事業構想について
  • 保釈保証書発行システム