よくあるご質問

Q.
保釈保証金の保証書による代用を利用したいのですが、どのようにすればいいでしょうか?

当協会に御連絡頂ければ、保釈支援申込書を郵送またはFAXでお送り致します。この申込書に記入して当協会へ郵便またはFAXで送付して下さい。
尚、この申込書は当協会ホームページもしくは最寄りのセブンイレブンからもプリントアウトできます。

Q.
被告人(被疑者)が申込人になることはできますか?

申し訳ございませんが、被告人(被疑者)本人は申込人にはなれません。どなたか被告人(被疑者)以外の関係者を申込人とし、申込をお願いします。

Q.
被告人の友人ですが、家族でない場合でも保釈保証書の発行委託契約を結ぶ事は可能ですか?

可能です。当協会への申込人は、被告人の家族・兄弟姉妹はもとより担当弁護人、親戚、友人、同僚などの被告人の関係者であればどなたでも構いません。

Q.
保釈支援決定までに、どれくらいの時間がかかりますか?

申込人と担当弁護人、両名のお話をうかがった後、最速30分でお伝えします。

Q.
他の金融機関より借り入れがありますが、保釈保証書の発行をして頂けますか?

他の金融機関の借り入れの有無によって、お断りすることはありません。

Q.
担保や保証人は必要ですか?

保釈保証金額の5%以外の担保金・担保・保証人は必要ありません。

Q.
決定した保釈保証金のうち保証書による代用が全額認められない場合はどのようにしたらいいのでしょうか?

保証書による代用が認められない部分を保釈保証金立替支援により準備することは可能です。詳細は当協会にお問い合わせ下さい。

保釈保証金立替システム

Q.
保証期間はいつまでですか?

保証期間は、裁判終了後、裁判所から当協会へ保証書が返送されるまでです。

Q.
保釈許可が200万円で決定しました。このうち保証書による代用が100万円まで認められました。準備出来る担保金は5万円です。手数料は全部でどれくらいかかりますか?

100万円を保証した場合の事務手数料は1万5000円となります。残りの100万円を2ヵ月立替した場合の立替手数料は2万5千円となります。従って保釈手続きに必要な金額は担保金の5万円を含めて9万円となります。担保金の5万円は没取となった場合を除き保証期間終了後に申込人へ返金致します。

Q.
事務手数料と担保金はいつどのようにして振り込むのですか?

事務手数料と担保金は契約締結後裁判所の保釈許可と代用許可があったときに、当協会の指定銀行口座に振り込んでいただきます。裁判所の保釈許可が出なかった場合、契約していても事務手数料を支払う必要はありません。

保釈支援のお問い合わせ、申込みはこちら。

03-3663-6655 受付時間9:00~17:00(土・日・祭日を除く)

【注意事項】
覚せい剤取締法違反の被告人については、審査内容にかかわらず保証書で利用出来る金額は裁判所の保釈許可決定に示された保釈金額の50%としております。残りの金額は、当協会の立替システムと担保金によりご準備いただくことになります。
尚、当協会では他の保証団体等との併用は出来ません。